トップページ > お知らせ > 失敗しないエアコンの選び方・4つの鍵

失敗しないエアコンの選び方・4つの鍵

エアコンは冷暖房・除湿をはじめ、室内の空気環境を整えるためにも、必需品となっています。新居に入居する時をはじめ、子供部屋に必要になったり、買い替えが必要になったりと、意外と購入する機会が多いのではないでしょうか?

また、エアコンは冷蔵庫や洗濯機と違い、取り付け工事が必要となる家電のため、機能と価格だけでは、選べない家電です。そこで今回は、失敗しないエアコンの選び方について、要点をまとめてみました。エアコン購入前に、お役立て下さい!

<INDEX>

 

 

Point1.我が家に最適な容量を見極める

適切な能力のエアコンを選ばないと、いくら運転しても全然部屋が冷えない・暖まらないということになります。そのため、適切なエアコン容量を見極めるのは、大事なポイントとなります。

まずメーカーのカタログを見てみます。部屋の大きさが目安として記載されていますが、最低限チェックしたい項目は「畳数の目安」と「能力」のふたつ。エアコンの能力は(3.6kWなど)kWで表されます。そしてこの能力に対し、畳数の目安の掲載があります。では、その数値の意味について見ていきましょう。

畳数の目安

畳数のめやす
カタログの表記例
(参考:ダイキンカタログ)

右の図ので囲んだ部分が「畳数の目安」です。この畳数の目安は「10~12畳」と記載があった場合10~12畳の部屋に適しているという意味ではありません。「木造なら10畳・鉄筋なら12畳」という意味となりますので、ご注意を!

能力(kW)
続けてで囲んだ部分が「能力」となります。この数値が大きいほど、パワーが強く広い部屋に対応できるという意味です。( )内の数値は、変更できる能力の幅で、この最小値が小さいほど、きめ細かな運転ができるエアコンとなります。
※カタログには「カタログの見方」が解説されているページがあります。そちらも参考にして下さい。
しかし、これだけでは不十分なのです。より最適な容量を見極めるには、もう少し細かい条件を加えていかなくてはなりません。では、容量を決める際のポイントを整理しましょう。

加えて考慮する項目

  • 建物の種類(木造・鉄筋)
  • 建物の断熱性能
  • 部屋の向き
  • 窓の大きさ

これらを公式に従って計算すると、適切な容量が算出できます...が、自分で計算するのは大変ですよね。そこで、これらの条件を伝えて専門家(販売店の人・設備業者の人など)にアドバイスをもらいましょう。

また、上記項目を入力することで、目安として必要な容量を算出してくれるサイトもあります。自分で目安が知りたいと思う人は、一度試して見て下さい。

【参考サイト】(エアコントラブル相談室)
「ルームエアコン最適容量自動計算・冷暖房対応版」
※暖房効果についても結果が表示され親切です!
容量の次は、家計を助け環境にも配慮できる「省エネ度チェック」です。

 

お問い合わせ、お見積り

PAGE TOP ▲