トップページ > よくある質問

よくある質問

Q.取り付けに関して必須と言われるエアコン専用のコンセントとはそのようなものでしょうか? 延長コードなどを用いて、一般コンセントでのお取り付けは出来ないのでしょうか?

A.エアコン専用のコンセントは、主にエアコン本体(室内機)のすぐそばにあるコンセントです。他の電気製品と共通の回路(コンセント)では電流オーバーになりやすく、電気製品やエアコンそのものの破損や事故に繋がりかねません。そのため、他の回路とは独立した専用回路が必要になります。また国が定めるガイドラインに抵触するため、専用回路以外の一般回路を使用してエアコンを設置することは出来ません。その場合、ブレーカーから専用回路の増設が必要となります。また、ブレーカー自体に空きが無い場合は、補助ブレーカーの増設や交換などが必要となりますので、ご契約の各電力会社へご確認が必要となります。
(条件により料金も変化しますので、最終的には現地判断でのご案内となります。)

Q.加湿機能付エアコンや換気機能付のエアコンですが、隠蔽配管を再利用しての取付けは可能ですか?

A.お住まいが隠蔽(先行)配管で、かつ、新しく壁に穴を開けることができない(穴を開けたくない・許可が出ない借家など)の場合は取り付けることが出来ません。
具体例として、ダイキンの「うるるとさらら」やパナソニックやシャープの一部機種等が挙げられます。
これは通常の配管以外に機種独自の配管(加湿ホースや換気ホースなぢ)があり、既に隠蔽配管になっている所には後から通すことが出来ない為です。特殊機能のないエアコンをお選び頂くとともに、隠蔽配管接続料や配管洗浄費などが別途必要になる場合がございます。設置をご検討中であれば、必ず「隠蔽配管」になっている旨を購入される販売店様へ事前にご確認下さい。

Q.以前使用していたエアコンを専門業者にて取り外し、数年ほど使用せずに保管しておりました。  今回、別の場所に設置して再利用予定ですが可能でしょうか?

A.一度設置したことのある中古のエアコンの場合、機器内部の劣化や冷媒ガスのチャージ(充填)が必要になる可能性がございます。エアコンの性質上、脱着(いったん取り外したものを再度取り付ける。)を行うと微量にガスは減少します。通常のガス回収(ポンプダウン)を行っていれば、毎回ガスを補充する必要はないのですが、取り付け前にガスの残量を知ることが出来ないため、繰り返し移設工事を行う場合は注意が必要です。

お問い合わせ、お見積り

PAGE TOP ▲